2級→1級→税理士という道のり

簿記2級に合格したら就職活動はお早めに

日商簿記2級に合格したら、できるだけ早く就職活動に励んだほうがいいでしょう。

特に経理業務に興味がある場合なら、なるべく早めに実務経験を積むに越したことはありませんから。

もっとも、日商簿記2級試験合格で入ってくる恩恵はそれだけではありませんね。

実際に就職活動や経理関係の仕事に役立てるといった目的以外のために受けている人たちが毎年います。

「財務諸表の読み方がわかる」といった、経理と関係がない仕事についている人たちにとっても何かと有意義なスキルを吸収するため、なんて目的も一部にはあるようですが、もっと知名度の高い目的もあります。

それは「日商簿記1級を受けるためのステップアップ」です。

日商簿記1級は、2級よりもはるかに難易度が高いと思ってください。

いうまでもなく、簿記のスキルは数段増しになりますし、経理業務にもプラスに働くでしょう。

ただし経理の仕事をするだけであれば、もてあまし状態になることが少なくありません。

日商簿記1級を受けるメリットとは?

日商簿記1級を受けるメリットとは「経理業務から会計業務や税務業務に飛躍するため」といったところでしょうか。

もっともただ会計事務所に勤務するためだけに1級を勉強する人はめったにいません。

1級取得の主たる目的は、「税理士を受験する資格を手に入れるため」、これに尽きるでしょうか。

税理士の受験資格は少し複雑ですが、大卒でない場合は日商簿記1級に受かることで間に合わせることができます。

そのため、高卒から税理士を狙う人が途中で日商簿記1級を受けることは毎年行われているのです。

就職等のために日商簿記2級を取得した人の中にも、たまにさらにキャリアをよくするために税理士のような難しい資格に興味を持ち、1級を手始めに勉強しようとする人がいますね。

これは、日商簿記2級合格を目標としている人にとってはまだ先の話ですが、そのようなチャンスがあることは早いうちから覚えておいたほうがよいでしょう。

(Visited 36 times, 1 visits today)
フォーサイト