簿記2級試験、平成28年から難しくなった

平成28年に簿記試験が難しくなった!

平成28年6月から、簿記2級の試験内容が大きく変わりました!

平成27年4月1日、商工会議所が「平成28年6月から日商簿記2級の出題範囲を変更する」と発表しました。

これにより、簿記2級がかなり難しくなりました。

どうなるかというと、現在は簿記1級で出題されていた項目が、簿記2級で出題されるようになりました。

つまり、試験範囲が広くなり、難易度も今以上に上がりました。

試験範囲の変更は、平成28年から平成30年の3年間をかけて、段階的に行われました。

まず、平成28年度に比較的簡単な項目から簿記2級の範囲に追加され、少しずつ難しい項目が追加されていくといった感じ。

これにともなって、徐々に試験範囲が広くなりました。

なぜ、簿記2級の試験範囲が変更になったの?

実は近年、簿記検定の試験内容と経理実務の内容に、大きなズレが生じていることが問題になっていました。

ここ数年で実務の世界では、日本の会計基準が国際会計基準に準拠するようになりました。

また、ビジネススタイルも大きく変化し、企業の海外進出により、外貨ベースでの取引も増えています。

このような変化を受け、簿記試験が企業活動や会計実務に即した実践的なものとなるよう、試験範囲の改正を決めたようです。

簿記2級試験、どこが変更になったの?

商業簿記のみ、試験範囲が大きく変わります。

工業簿記は、試験範囲に変更はありません。

変更箇所は、目立つところでいうと、

簿記2級試験の平成28年度になくなった項目

・社債
・特殊商品売買(予約販売、未着品、委託買付・受託買付、委託販売・受託販売、割賦販売、試用販売)
・繰延資産(資産処理)
・本支店会計(期末日 未達取引、内部利益)
・評価勘定法・対象勘定法(手形の裏書・割引)
・大陸式決算法
・特殊仕訳帳
・手形(為替手形・荷為替手形・割引手形の保証、裏書手形の保証)

簿記2級試験の平成28年度に新しく出題された項目

・売上原価対立法
・クレジット売掛金
・電子記録債権(債務)
・個別評価と一括評価
・各種引当金
・固定資産の割賦購入
・ソフトウェア(自社利用)
・有価証券の分類と評価
・株主資本の計数変動
・資本余剰金からの配当
・売上の計上基準
・サービス業の処理
・その他

試験範囲は、徐々に難しい項目が追加され、

・平成28年度:電子債権・債務、その他有価証券、ソフトウェアなど
・平成29年度:圧縮記帳、リース会計、外貨建取引、連結会計
・平成30年度:税効果会計

が加わる形となっています。

(Visited 70 times, 1 visits today)
フォーサイト