簿記2級、初学者&面倒くさがり屋さんは「通信教育」が安心

簿記2級を初めて勉強する人は、「通学講座」や「通信教育」が安心

簿記2級は、簿記3級に比べ、難易度がぐんと高くなります。

なので、学校で簿記を勉強した人や、仕事で簿記を使っている人は、いきなり簿記2級を受験してもよいかもしれませんが、簿記を始めて勉強する人は、まず簿記3級を受験することをおすすめします。

なぜなら、簿記2級は、3級の知識がベースになっているからです。

簿記2級のテキストや問題集は、3級の知識があるものとして作られているのです。

なので、いきなり2級から始めると

「は??? え??? ええええええ??!!ェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェ」

と聞いたこともない用語や数式に焦ります。

もし、いきなり簿記2級から勉強する場合は、通学講座や通信講座の「3級2級セットコース」のように、3級の基礎知識からしっかり教えてくれるコースを申し込むのがよいかもしれません。

あなたに合った勉強スケジュールを作ってくれる

「勉強計画を立てるの面倒くさい~」

という、私のような面倒くさがり屋さんにも、通信教育が向いています。

何でかというと、その人に合った効率的な勉強スケジュールを、あなたに代わって作ってくれるからです。

私が受けていた通信講座では、1週間の「勉強可能時間、仕事時間、睡眠時間、通勤時間」とかを打ち込むと、「●月●日にこのDVDを観る」「●月●日に、何ページから何ページまでの問題を解く」という具合に、試験までの細かい勉強スケジュールがババッと出てきて、とても楽ちんでした。

フォーサイトという会社の通信講座でしたが、ほかにもそういうシステムを採用している通信教育はあると思うので、勉強計画を立ててくれる会社を調べてみるのもよいかもしれません。

もちろん、教材や講義DVDが自分に向いているのか、チェックするのも大切ですよー!

簿記2級、「読む」より「聴く」勉強が効果的

ちなみに、これは個人的な意見なのですが、テキストは読むよりも、講義スタイルで聴くほうが、数倍理解が早いです。

テキストを読んで勉強する場合は、「読む+理解」するという、二つの動作が必要です。

すると、どんなことが起きるかというと……

簿記独特の分からない用語やら、数式ばかりが出てきたときに、なかなか理解ができず、「え? 何だって?」と、何度も何度も読み返す「読み返し地獄」に堕ちてしまいます。

疲れている時なんかはもう大変です。

びっくりするほど眠くなります……。

そこで便利なのが、講義形式のDVDです。

講師の人がテキストを分かりやすく解説してくれるので、「読む」という面倒くさい動作が省かれます。

やる気がいま一つ出なくても、再生ボタンを押した途端、「さ、今日は財務諸表を作成しましょう!」という感じで、どんどん話が進んでいくので、「やーめた!」とは言えなくなります。

私は、ストレッチをしたり、マニキュアを塗ったりし、洗濯ものを畳んだりしながら、DVD講座を観ていました。

勉強しているというよりも「まったりプライベートタイム」という感じでした。なかなかいいですよ。

あ、もちろん、問題演習の時は机に向かって電卓を叩いていましたよ。

(Visited 19 times, 1 visits today)
フォーサイト