2.簿記2級試験、平成28年から難しくなる!?合格率は?

*

2.簿記2級試験、平成28年から難しくなる!?合格率は?

平成28年6月から、簿記2級の試験内容が大きく変わります!
平成27年4月1日、商工会議所が「平成28年6月から日商簿記2級の出題範囲を変更する」と発表しました。
「商工会議所HP(http://www.kentei.ne.jp/7293)」
その内容をよくみると、簿記2級がかなり難しくなることが分かります。

どうなるかというと、現在は簿記1級で出題されていた項目が、簿記2級で出題されるようになります。
つまり、試験範囲が広くなり、難易度も今以上に上がります! おそらく合格率にも影響が出るでしょう。

試験範囲の変更は、平成28年から平成30年の3年間をかけて、段階的に行われます。
まず、平成28年度に比較的簡単な項目から簿記2級の範囲に追加され、
少しずつ難しい項目が追加されていくといった感じ。
これにともなって、徐々に試験範囲が広くなるので、注意が必要です。


なぜ、簿記2級の試験範囲が変更になるの?

実は近年、簿記検定の試験内容と経理実務の内容に、大きなズレが生じていることが問題になっていました。
ここ数年で実務の世界では、日本の会計基準が国際会計基準に準拠するようになりました。
また、ビジネススタイルも大きく変化し、企業の海外進出により、外貨ベースでの取引も増えています。
このような変化を受け、簿記試験が企業活動や会計実務に即した実践的なものとなるよう、試験範囲の改正を決めたようです。


簿記2級試験、どこが変更になるの?

商業簿記のみ、試験範囲が大きく変わります。 工業簿記は、試験範囲に変更はありません。
変更箇所は、目立つところでいうと、

【今後なくなる項目】
・社債
・特殊商品売買(予約販売、未着品、委託買付・受託買付、委託販売・受託販売、割賦販売、試用販売)
・繰延資産(資産処理)
・本支店会計(期末日 未達取引、内部利益)
・評価勘定法・対象勘定法(手形の裏書・割引)
・大陸式決算法
・特殊仕訳帳
・手形(為替手形・荷為替手形・割引手形の保証、裏書手形の保証) 



【新しく出題される項目】
・売上原価対立法
・クレジット売掛金
・電子記録債権(債務)
・個別評価と一括評価
・各種引当金
・固定資産の割賦購入
・ソフトウェア(自社利用)
・有価証券の分類と評価
・株主資本の計数変動
・資本余剰金からの配当
・売上の計上基準
・サービス業の処理
・その他

です(これは平成28年追加分です)。


試験範囲は、徐々に難しい項目が追加され、
・平成28年度:電子債権・債務、その他有価証券、ソフトウェアなど
・平成29年度:圧縮記帳、リース会計、外貨建取引、連結会計
・平成30年度:税効果会計
が加わる予定となっています。

詳しい内容は、商工会議所が発表している
「商工会議所簿記検定試験出題区分表(商業簿記・会計学)・改定箇所」
http://www.kentei.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2015/04/h28_kaitei.pdf
で確認することができます。


どうやって勉強すればいいの?

平成28年2月までの試験を受ける場合は、
従来の簿記2級のテキスト・問題集で勉強すれば問題ありません。
(1点だけ注意事項があるので、それは次の「簿記2級、合格に必要な勉強期間はどれくらい?」で書きます)

しかし、平成28年4月1日以降に受験する場合、範囲が大幅に変わってしまうため、
従来の商業簿記のテキストや問題集、過去問集では対応できなくなります。

出版社では現在、新しい試験範囲に対応したテキスト・問題集の制作が始まっているようですが、
発売は、平成28年2月以降になるようです。

平成28年4月1日以降に、簿記2級を受験する場合、
どこが頻出問題になるか、どこを優先的に勉強すればいいかは、
商工会議所から出されるまで、断言はできません。
かなり大きな変更になるようなので、商工会議所のHPをチェックしておいたほうがよさそうですね。

次は「簿記2級、合格に必要な勉強期間はどれくらい?」です。



- 追記(2016年3月20日)-
テキスト・問題集がどこまで、出題範囲の変更に対応しているか、本屋で確認してきました。
なんと、試験範囲の変更に対応していたのは、たった1冊!

あとは、巻頭や巻末に
「ここが範囲から削除されて、ここが追加されるから、必要でないとこは飛ばしてやってね」
的なことを書いてある状態でした……。

どこの出版社も対応に苦しんでいるのが伝わってきました。
ちょっと怖いですね……。
これから、変更に対応したものが出てくるのでしょうか?


- 追記(2016年5月1日)-
再度、本屋で確認してきました。
なんと、ほとんどのテキスト・問題集が試験範囲の変更に対応していました!

さすがですね。^^
とはいえ、対応していないものも一部あったので、購入の際は、
「最新出題区分対応」と書かれたものを選ぶようにしましょう!


>> 簿記2級、最短&一発合格の秘密 <<