3.簿記2級、合格に必要な勉強期間はどれくらい?

*

3.簿記2級、合格に必要な勉強期間はどれくらい?

簿記2級、勉強時間は初学者なら3~6カ月、3級保持者は2~4カ月

簿記2級に合格するのに必要な勉強時間は人それぞれです。
でも、 目安としてどれくらいの勉強時間が必要かは知っておきたいところですよね。

私も簿記2級の勉強を始める時にいろいろ調べましたし、実際、簿記の講師に聞いてみたことがあります。
その講師によると、知識ゼロの状態からいきなり簿記2級を受ける人は、3カ月から6カ月(150~250時間)ということでした。
事前に3級を受けている人は、勉強範囲も狭くなるので2カ月から4カ月
ぐらいです。

私は、月~金は1日30分~1時間、土日は時間を決めずにその週の復習、これを4カ月間続けました。
そして、試験1週間前は1日3時間以上やったので、トータルで200時間くらい勉強したと思います。


試験範囲改定前と改定後、勉強時間はどうなるの?

平成28年2月28日の試験までは、上記の勉強方法で十分に対応できます。
なので、これまで通りいきなり2級を受ける人は、3カ月から6カ月。
事前に3級を受けている人は、勉強範囲も狭くなるので2カ月から4カ月ぐらいです。

ただ!
日本商工会議所のホームページによれば、

なお、平成27年度に適用される区分表に改定事項はありませんが、上記の平成28年度以降に向けた改定に伴い、平成27年度の簿記検定試験においては、(平成27年度から平成28年度にかけて継続的に学習する受験者等を考慮し)平成28年度以降も引き続き当該級の範囲となっている内容を中心に出題することといたします。
日本商工会議所「平成28年度以降の簿記検定試験出題区分表の改定等について」より


つまり……
「平成27年度(平成28年2月28日の試験)まで試験範囲は変更しないけど、今後出せなくなる問題を出しても仕方ないから、平成28年度以降も出題できるものを中心に出しますよー」となっているんですよね……。汗

この記述から考えると、
「簿記2級、平成28年6月から試験が難しくなる!?合格率は?」で紹介した、

【今後なくなる項目】
・社債
・特殊商品売買
・繰延資産
・本支店会計(未達事項の整理・内部利益の除去)
・仕訳帳の分割 
を除いた部分を優先的
にやったほうがよさそうです。

この辺りは、今後変更もあると思うので、日本商工会議所のホームページをチェックしつつ、情報の収集をしっかりしておきましょう。
「商工会議所HP」(http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping


試験範囲改定後、勉強期間は1.5~2倍になる?

ちなみに、試験範囲改定後は勉強範囲が増え、難易度もあがるので、勉強期間も長くなりそうです……。

だいたいの目安として、
現在の簿記2級は2~6カ月といわれていましたが、
新しくなる簿記2級は、若干手探り状態の勉強になるので4~8カ月になるといわれています。

ううん、8カ月もかけるのは社会人の私たちにとって至難の技なので、なんとしても、効率的に短期間で勉強していきたいですね。><

というわけで次のページは、「簿記2級、効率よく合格できる勉強法(テキスト編)」です。


>> 簿記2級、最短&一発合格の秘密 <<