簿記2級、独学・通学・通信を徹底比較

*

簿記2級、独学・通学・通信を徹底比較

あなたに合った勉強を方法を見つけましょう♪

日商簿記の勉強法には、ざっくり分けると3つの方法があります。
1.「独学」(市販のテキスト・問題集を買って、自分で勉強する)、
2.「通学」(学校に通って勉強する)、
3.「通信教育」(通信教育から届いた教材を使って、自宅で勉強する)、

どれがいいかは、その人の性格や、日々の生活スタイルで変わってくるので、
一概に「これがいいよ!」とは言えないのですが……。

私の場合は、最初は独学で勉強しようと思ったのですが
・本屋に行ったら、テキストが多すぎて、どれがいいか分からなかった。
・出題傾向を調べるのが面倒だった。
・まわりに簿記2級の試験に詳しい人がいなかった。
・毎日仕事で忙しく、勉強時間があまりとれなかった。
・とにかく一発で合格したかった。
などの理由から、通信教育を選びました。


独学、通学、通信教育のメリット・デメリット

簿記2級を受験するときの、独学、通学、通信教育のメリット・デメリットを、
ざっくりと表にまとめてみました。



独学 通学講座 通信講座
メリット

・費用が一番安い
・自分のペースで勉強ができる

・効率的に勉強できる
・その場で質問できる
・一緒に頑張る仲間ができる
・試験範囲の改定に対応できる

・通学よりも費用が安い
・効率的に勉強ができる
・自宅で勉強ができる
・試験範囲の改定に対応できる

デメリット

・誰にも質問ができない
・法改正などの情報が入ってこない
・挫折しやすい
・モチベーション維持が難しい

・費用が一番高い
・時間の拘束がある
・交通費がかかる
・講師と性格的に合う、合わないがある。

・その場で質問ができない
・挫折する可能性がある
・モチベーション維持が難しい

費用

5,000円以下

5万円~7万円

3万円~5万円

向いている人

・時間に余裕がある人
・コツコツと忍耐強く頑張れる人
・とにかくお金をかけたくない人

・3~4カ月で一発合格したい人
・3級を飛ばし、いきなり2級を受ける人
・自分で勉強計画を立てるのが面倒な人
・金銭的に余裕がある人

・3~4カ月で一発合格したい人
・3級を飛ばし、いきなり2級を受ける人
・自分で勉強計画を立てるのが面倒な人
・なるべくお金をかけたくない人


平成28~30年の簿記2級、合格のコツは「新範囲に対応」できるか

簿記2級の試験は、平成28年6月から問題構成が変わるので、
「出題範囲の変更と、新規論点にどれだけ対応できるか?」が合否を分けるポイントになってきます。

とはいえ、試験範囲の改定に対応した過去問がないので、「試験でどこが出るか分からない」というのが、現在の状況です。そういう点を考えると、簿記未経験の方や、簿記3級を飛ばして簿記2級を受験する方は、試験範囲の改定が修了する平成30年度までは、通学や通信講座を選択したほうが安全かもしれません……。

とはいえ、費用が独学よりも割高になってしまうので、一度本屋で、最新出題区分に対応したテキストを読んでみて、それからどうするかを決めるのが、一番良いかなと思います。